本社は1989年に郭文明さんを創立して、バナナの仕事人を引き連れます。本紹の社員はこの領域でみんなは数十年の経験を持って、父は息子に引きづいて、だから、バナナの研發と植えることおよび知庄、社員が豊富な経験を持ちます。 

旗山は「バナナの王国」と呼ばれているところです。供給量は台湾で最大売り場、バナナは熱帯性の果物ですから、成長するためには、たっぷりの降雨量が1500-2000センチリットル、年間の平均気温も25-30℃が最適とされています。この成長環境は旗山の環境と同じ、だから、旗山バナナの品質と味見はとてもおいしい、多くお客様を誇ります。

西元1967年から1968年に、この間は旗山バナナが第二回の全盛時期です。そのとき、バナナの汁をつけて服を穿くとしては富貴なシンボルで、多く店は情熱を受けます。台湾のバナナは日本市場80パ-セントをしめて、輸出額も国外販売8の1を占め、、主に台湾が外貨埴入になった。バナナは台湾経済の功労者、旗山の繁栄と生命をつれて、同時に転型工業国家の資金を募集してた、国際交流の事をもっと進めます。

時代をともって、国人はバナナを価値性低いの果物を認めて、でも、私たちは依然として手を放さない、産業の堅持にとついてばななの品樵を重視する態度を守って、誠實、創新、永遠に経営の理念を持って、年から低温の冷蔵庫と冷蔵蕉を增設して、最も良い製品をお客様に提供します。

2005年から、台湾でバナナの輸入自由化を開放し、青果株式会社一人で市場を独占しなくて、私たちは、新しい工場と梱包所を設立して、輸送車を産地直送、輸送の間に傷を防ぎ、品質を完璧に達した。
当社は消費者、社員、農民をサ-ビスの精神を冗って、生産者と消費者の距離を引きづいくため、生産菖の利益を増え、品質をあげので、販売網を設立して、お客様におし払い絶対お買い得させます。お客様は娼分の家族ように、業務の他には、一緒に成長を望みます。

 

中山高速公路
北上:北上中山高速公路,行至左營及旗山(國道十號)往旗山方向走,下大樹、佛光山交流道,左轉
             循台21線往北走,經過新光加油站再行三分鐘路途可見右手邊7-11右轉,即可到達。
南下:南下中山高速公路,行至左營及旗山(國道十號)往旗山方向走,下大樹、佛光山交流道,左轉
             循台21線往北走,經過新光加油站再行三分鐘路途可見右手邊7-11右轉,即可到達。
第二高速公路
北上:北上第二高速公路,行至高雄及旗山(國道十號)往旗山方向走,下大樹、佛光山交流道,左轉
             循台21線往北走,經過新光加油站再行三分鐘路途可見右手邊7-11右轉,即可到達。
南下:南下第二高速公路,行至高雄及旗山(國道十號)往旗山方向走,下大樹、佛光山交流道,左轉
             循台21線往北走,經過新光加油站再行三分鐘路途可見右手邊7-11右轉,即可到達。